土地境界のトラブル・セカンドオピニオン

土地の境界トラブルを解決

土地の境界を巡り、多くのトラブルが発生しています。

争い事を解決するプロである『弁護士』は、測量ができないため、土地の境界の位置を導くことには長けていません。

そこで登場するのが境界の資料を読み解き測量ができる『土地家屋調査士』です。
しかし、『土地家屋調査士』は、争い事に対処するスキルがありません。

『土地家屋調査士』と『弁護士』がタッグを組んで問題解決に当たるのが最適と言えます。

 

ところで、
どの『弁護士』でも良いのでしょうか?
どの『土地家屋調査士』でも良いのでしょうか?

『弁護士』は、『医師』と同じように得意分野があり、境界を得意とする弁護士は少数です。
『土地家屋調査士』も同様で、境界トラブルを得意とする土地家屋調査士は少数です。


オルフィット総合事務所は 、境界問題に強い弁護士と組んで境界トラブルに対応し問題解決に注力しています。

明治の頃からの資料を調べ精査することで、問題の解決への筋道を立てることができます。
まずはご相談ください。

相談は初回1時間無料です。

境界の専門家に依頼したが、困っているあなたへ

実は、土地の境界を決める場合、どの専門家が決めても同じ結果にはなりません。

ある土地の境界を決める境界確定する場合、
土地の面積は、
専門家Aが決めると、200.56㎡
専門家Bが決めると、230.34㎡
専門家Cが決めると、210.23㎡

ある土地の間口は、
専門家Aは、15.203m
専門家Bは、15.674m
専門家Cは、16.124m

境界をどのように決めるかによって、面積も辺長も大きく異なります。

 

どの専門家に依頼するのがよいのでしょうか?!

 

 

答え
これだけではどの専門家がよいかはわかりません。

 

 

実は、境界の専門家には腕がよい専門家もいれば、腕が悪い専門家もいます。
腕の良し悪しは、素人では判断できません。

 

腕の良し悪しが一番よくわかるのは、以下の時です。
・隣の土地が境界確定を行う時、
・裁判になった時

 

困るのは、依頼した境界の専門家の腕が悪かった場合です。

あなたの土地の面積は減るかも知れません。

 

せっかく境界の専門家に依頼して境界を決めるなら、
間違いがなく、後々トラブルにならない優秀な専門家に依頼されるのがいいですね。


依頼した境界の専門家が、
・頼りない
・信じられない
・説明してくれない
・説明がわかりにくい
・だましているのでは
1つでも思い当たるなら、セカンドオピニオンとしてご相談ください。

依頼されている専門家には内密に相談を行い、
全体がわかるように説明し、
今後、どうすればよいのかをアドバイスします。

相談料は初回1時間無料です。

セカンドオピニオンの対応エリアは、境界紛争・訴訟 に準じます。

あなたにとって見えない大きな3つのメリット

登記費用以外の大きなメリット

お客様の声

お客様1

愛知県名古屋市中川区 男性

とても安くて驚きました。住宅ローンを完済したら、次回もお願いします。

はじめてのお問合せから登記が終わるまで、ご丁寧なメールと電話での対応をしていただき、安心しながら登記を終えることができました。

ハウスメーカーの指定事務所の登記費用が高いと感じ、オルフィットさんから見積りを取りましたが、とても安く驚きました。

住宅ローンを完済したら、次回もお願いします。

お客様2

愛知県名古屋市緑区 女性

はじめは料金が安いので、大丈夫かなと思いましたが、全ての対応から信頼へと気持ちがかわりました。

ハウスメーカーの登記費用が高く感じ、検索していたらオルフィットさんを見つけました。

電話で見積もりを依頼しましたが、とても対応が早く、メールの返事も早くて、スムーズに登記ができました。

はじめは料金が安いので、大丈夫かなと思いましたが、全ての対応から信頼へと気持ちがかわりました。

本当にありがとうございました。

お客様3

愛知県春日井市 男性

安く登記ができ、ありがとうございました。

こちらの都合で、時間のない中対応していただきありがとうございました。安く登記ができ、ありがとうございました。

お客様3

愛知県名古屋市中村区 男性

自分で取得できる書類を用意すれば手数料を節約できるというアドバイスをいただきました。

登記費用を極力抑えたかったので、こちらの事務所に相談したところ、自分で取得できる書類を用意すれば手数料を節約できるというアドバイスをいただきました。

親切な対応がとても良かったです。

サービス・商品

よくあるご質問

日本全国対応でしょうか?
登記手続きの代行、土地の測量・境界確定測量、境界紛争など境界確定訴訟については、業務内容によって対応できるエリアが異なります。 「対応エリア 詳細へ」をクリックしご確認ください。
商品の販売については、日本国内でしたら、どこでも配送可能です。
登記手続きを依頼したいのですが、費用は先払いですか?
登記手続きを代行させていただくケースでは、ご依頼者様に安心していただけるよう登記手続き完了後の後払いです。
例外として、 不動産売買を目的とした登記続きは、決済時での先払いとなります。

かんたん見積 ご依頼の流れ

お問い合わせ

登記 費用 見積

TEL:052-486-0477

※お問合せフォームからは無料見積・ご相談を24時間いつでも受け付けております。
※営業時間内でのお問い合わせへにつきましては本日中に返信します。
(お送りいただいた内容によっては返信までにお時間がかかることがございます。ご了承ください)

 
    

ページの先頭へ